六角堂へ

2017/12/24

色々あって、京都へ行ってきた。

その話は、別途書くつもりなので、まずは、六角堂の話。

 

友人いわく、人には合う合わないと言う神社仏閣があるのだとか。合う神社仏閣を調べられるサイトがあり、調べて見たら、一番好きな神社が入っていたが、普段行っていた寺は入っていなかったので、なるべく入っているところに行く。との話を聞いた。

 

なに?合うってあるの?と、面白いので、調べたところ、かすってもいなかった。いつも行く神社仏閣は、入っていなかったのである。

 

最近調子が悪いのはそのせいではないかと、責任をなすりつけ、折角、京都へ行くので、一番アクセスの良い六角堂へ参拝して見た。

 

ちょうど西国三十三ヶ所を回っておられると思われる団体が、お経を唱えていて、あー!寺に来たな!と言う感覚がプラスにぐぅーんっ。と働き、苦手な鳩もなんのその。ぶらぶらしたり、ベンチに座って見たりと、気持ちの良い時間を過ごせたのである。

 

親鸞上人がいたので、おや?と思ったら、修行時代にお山から降りてきて100回(?)参拝にいらしたと書いてあった。そうか。あれが、ここなのか!と、感動ひとしお。

【解説】五木寛之の親鸞で読んだ。六角堂に図らずも訪れていたのである。

 

と言うことで、御朱印も頂き、とても気持ちの良い時間を過ごせたので、結論。「合う」は、合っている。

 

※御朱印を頂くのはかなり長い列ができます。朝は8時から空いてるので、早くに行くといいかもしれません。私は、8時半位に行ったら、1人しか待っていなかったです。近くの進々堂や、スタバが開いていたので、参拝後に立ち寄るのも良いですね。